コンテンツへスキップ

猫のマーキングから壁紙を守る簡単DIY

がんばって一戸建てを新築し、マンションから引っ越したら、家の猫に思わぬ変化が起きました。去勢済みの6歳のオス猫にマーキング行動が始まったのです!家の庭に野良ちゃんたちがやってくるのを見て、急激に縄張り意識が高まってしまったのでしょうか?単なる粗相ではなくマーキングなので、垂直面におしっこをピュピュっとしてしまうのです。最初は獣医さんに相談したりしてマーキングをやめさせる方法を探りましたがうまくいきません。そこで、ある程度マーキングの場所が限定されてきたところで、マーキングされるのを前提に壁を守ることにしました。
まず、ホームセンターで無職透明のアクリル板を購入し、それを床から80センチメートルくらいのところまで腰板のように貼り付けました。貼り付けには粘着式のジップテープ(マジックテープ、ファスナーテープとも言いますね)を使い、取り外しができるようにしました。「マーキングされたら外し、バスルームで洗ってまた貼り付ける」という方式にしたのです。洗剤をつけシャワーで流すと、拭くだけよりもなんとなくすっきりします。ジップテープはアクリル板の上部にだけ付けたので、洗うときにちょっと気を付ければおしっことは無縁です。
ただ、ジップテープの部分が透けて見えるのはおしゃれじゃないので、100円ショップで見つけた布レースの粘着テープをジップテープが見えないように張りました。家のインテリアもナチュラルな感じなので違和感はありません。アクリル板の下の壁にポスターのようなものを貼って楽しむこともできるので、結構満足しています。