コンテンツへスキップ

DIY・リフォームでのホームセンターの活用の勧め

住宅に関する専門職人さんは、大工さんを筆頭に、左官や塗装や壁紙貼りなど様々な仕事に区分されています。
そんな職人さんが行う作業の範疇でも、簡単なリフォームならDIYで行う事が十分可能です。特に住居の躯体に手を入れるような場合を除き、木材を所定の寸法に切り、それをビスや釘で組み立て、その表面を塗装する作業ならDIYで大抵のものは作る事が可能です。
リフォームしたい部分と、完成イメージを持ち、簡単な組立図を作成し、それを基にホームセンターなどに材料を買い出しに行くのが一般的です。
もちろん、こうしたホームセンターで販売されている所定の寸法から、必要な寸法に切る作業をのこぎりで行っても良いですし、張り込んで電動のこぎりを購入して行うのも良いでしょう。
しかし、手作業でのこぎりで切断するのは大変な作業ですし、電動のこぎりを購入するのは使用頻度からためらう場合も多いものです。
そんな時には、多くのホームセンターでは電動工具などが設置された作業場を設けているので、ここで必要な寸法の切断まで終えて持ちかえると便利です。
こうして準備すれば、後は実際に組み立てて、室内に取りつけると言うビス止めや釘打ち作業やその後に塗装すると言った作業を家で行えば良く、DIY・リフォームのハードルも下がると思います。
ホームセンターはDIY・リフォームの材料を購入するだけでなく、店員さんに色々と作業のアドバイスを受けたり、工作室を使って下準備を行うなど、便利に活用され、DIY・リフォームをより簡単に行えるように工夫される事をお勧めします。