コンテンツへスキップ

窓ガラスにカーテンを取り付ける目的は外から部屋の中が見えないようにするためですが、夏や冬の時期では別の目的でも効果的に使用する事が出来ます。

・夏は太陽の日差しが入ってくるのを抑えて部屋の中の気温の上昇を防いでくれる

夏になると気温が上昇してくるので特に太陽の日差しが窓ガラスから入ってきてしまうと部屋の中がすごく暑くなってしまいます。それにより冷房をつけないと過ごせなくなってしまうので光熱費がかかってしまいます。しかし窓ガラスにカーテンを取り付けておけば太陽の日差しが入ってくるのを抑える事が出来るので部屋の中の気温の上昇を防いでくれます。それにより冷房をつける回数が減るので光熱費を節約する事が出来ます。

・冬は冷気は入ってくれるのを抑えて部屋の中を温かくしてくれる

冬になると空気が冷たくなるので部屋の中に入ってくると寒くなってしまいます。しかし窓ガラスにカーテンを取り付けておけば冷気は入ってくれるのを抑える事が出来るので部屋の中を温かくしてくれます。それにより暖房をつける回数が減るので光熱費を節約する事が出来ます。

PR|http://smacia.co.jp/index.html|