コンテンツへスキップ

引っ越しをしたり模様替えをする際に、インテリアの大きな要になるのがカーテンです。
壁と床以外でお部屋のスペースを広く占有するパーツですので、色や素材を選ぶ際にかなり慎重になると思います。最近はタワーマンションも増え、窓やガラス壁を大きく取る間取りがほとんどになってきました。そんなお部屋を明るく開放的にするべく、私はカーテンではなくバーチカルブラインドをおすすめします。

バーチカルブラインドとは縦型のブラインドのことで、全開にする際は端に寄せることができますし、また帯の角度を変えて光を効果的に取り入れることができます。また向いに対面するマンションやビル等がある場合でも、うまく角度をつけることによって向こうからは見えないようにする技もあります。

カーテンのように圧迫感が少なく、隠しながらも適度に光を取り入れることができ、またお部屋のインテリアを邪魔することなくむしろ洗練された印象を与えてくれます。もしカーテンでお悩みでしたら、是非ショウルームなどで体感してみてはいかがでしょうか。